→ レポートトップへ

ファンレポート
facebookTwitterLINEHatena

Blow Over - an unforgettable evening

BLOW OVER

開催日: 2022/11/19

Blow Over - an unforgettable evening


I am very happy that Mudia exists and supports artists of all kinds. I am glad that events like Blow Over, which I attended for the first time, are organised.


The "Blow Over" evening was no ordinary event, but an experience full of passion, empathy, love for music and above all it was an opportunity to meet amazing personalities, including:


1. 白川泉


Izumi Shirikawa a young rock singer born on 7 August, who hails from Osaka. Izumi decided one day to give shape to her vague thoughts in her daily life and picked up an acoustic guitar. She is a singer and songwriter who puts simple lyrics into emotional songs and sings with a strong and growing voice. Izumi has a self-titled single 'be ambitious', which contains three songs (1.be ambitious 2.ヒカリ 3.友). Sourced from this single, the song ヒカリ is a song full of emotion that, when resoundingly sung with Izumi's strong voice, goes straight to the heart. Below are the lyrics to this unique song.


ヒカリ


作詞.作曲:白川泉


朝からまた人が死にました


朝からまた人が死にました


そんな画面越しから流れるニュースを見ながら


いつも通りパンを頬張る


そう”いつも通り”


淀んでいるこの世界で私に何が出来るかなんて


そんな大それた事を考えてる訳じゃないけど


目の前で泣いてる君を


救うくらいは出来るんじゃないかと


考えたりしている今日この頃です


またイジメがありました


それでまた人が死にました


それから記者会見を開いてる学校側


チャンネルを変えて見て見ぬフリ


そう”目を瞑るの”


淀んでいるこの世界で私は他とは違うなんて


そんな綺麗事ばかりを並べたい訳じゃないど


汚れている私でも少しでも光を見つけて見たい


そう綺麗でありたい願って歌います明日も


昔、映画で見た


ビニールスーツを着たあの戦士のように


光ってみたい


光っていたい


歌うときくらいは


淀んでいるこの世界で私に何が出来るかなんて


そんな大それた事を考えてる訳じゃないけど


目の前で泣いてる君を


救うくらいは出来るんじゃないかと


考えたりしている今日この頃です


澄み渡ってる世界なんて存在する訳ないけど


何処の世界の人も光は見ていたい訳で


だからこそ人間て奴は夢や希望を持ち語るんだろう


自分もそうでありたい


だから歌い続けますずっと


I recommend visiting Izumi's Youtube channel (@user-vv3br1tl1p), where you can find an amazing MV for her self-titled song ヒカリ, as well as numerous rearranged songs by bands such as Bump of Chicken, Back Number, Super Beaver, among others. Izumi is not only a singing singer, but also a guitarist, and more importantly she sensationally combines both, i.e. singing with playing the guitar at the same time.


2. 糸原淳也


We could also meet twenty-three-year-old Junya Itohara who is a singer and songwriter. Junya while in primary and junior high school was a member of the football club for nine years. While in high school, he joined a burgeoning music club and later joined a cover band at university. In March 2022, he graduated from university and became fully active in the direction of creating and distributing his music. He started producing music, giving live performances in clubs and on the street, and recording albums. In July 2022, he released his first music video.


To better illustrate Juny's work, below is one of his original pieces. It is a very good song with a great message, and after meeting this young artist, you can tell that he is very aware of his music and what he wants to convey to the world through it.


「君燦燦」


作詞/作曲 糸原淳也


Hey boy 聞かせてくれよ


あなただけの不器用だけど丁寧な歌を


ねえ Darling 見せてやれよ


あの日鼻で笑っていた奴ら全てに


お前を知らない奴ほどトゲの立つ言葉を言ってくんだ


そんなお粗末な意見で


お前はお前を捨てんなよ


ほら誰かと比べて辛くなるだろ


あいつが輝いて見えて自分がちっぽけに思えるよな


でも君しか会えない未来があるならば


悩んでる間に心が動く方へ


Hey boy 自分の胸に問いかけてよ


色んなものを犠牲にしてまで


ねえ Darling 叶えたかったあの日の憧れは


今でも胸を熱くさせるだろう


夢を追いかけることに年も性別もビハインドも


見た目や肌の色さえも関係ないよさあ走り出そう


ほら誰にも負けない努力があればあなたの願いはきっと雲を突き抜けてどこまでも


ほらあなたの背中は誰かが見てるから結果が出なくても腐るなよ止まるなよ


だけど続けてくことはそんな簡単じゃないよな


諦めちゃいそうな時には歩んだ道を振り返ればいい


ほらそこには涙と汗と努力と頑張り続けるあなたを陰から支えてる人たち


ほらあなたは絶対1人じゃないからさありきたりだけどこんな言葉たちで


あなたの背中を少しでも押せるなら


It is worth visiting Junya's Tik-Tok account (@junya_88), where you can find numerous rearranged songs by artists such as Back Number, Vaudy and Saucy Dog, as well as his own compositions. And visit his Youtube channel (@user-lc6lt7tq3t) for recordings of his live performances in concert houses and MVs for his original songs.


3. 万理音


On Marion's website (https://marion.ryzm.jp) we can read a brief bibliographic description:


"Marion


Based in Neyagawa, Osaka


Singer and songwriter


name is a real name


I like hamsters


transcendent toe dick"


Marion has a single Dark side Nishino / spruce containing two songs. It is worth visiting her Youtube channel (@mron0423), where we have the opportunity to get to know her better through numerous recordings of live performances, covers or MVs. To better illustrate her work, I present one of her songs below.


"Blind"


※半音下げチューニング


C G F Fm


ねぇ、結局 自分次第だと聞き飽きた回答はもう要らない


C G F Fm


どこに居ても何してても変わらない景色


それが愛おしい


F G Em Am Am7


このまま世界が音を立てて崩れ去るなら


F FonG


ねぇいっそ


C E Am Am7 F G


平気で嘘つくあなたが作った世界でわたし、


C E Am Am7 F FonG


ずっと生きてきた


間違いだらけ それでもいいとか


時々、怖くなるの


いかれた頭で追い付けない


あなたの後ろ姿撃ち抜く拳銃はこの手の中


F G Em Am Am7


このまま世界が音を立てて崩れ去っても


F G E7


かまわない


F C G Am Am7


散々喚いた後に 何にもなかったように


F G Em Am Am7 F FonG


この青空に嘘をついてあなたは生きていくのね


どれだけ想えば、


何も言わなくても伝わるかなって


本気で思った


バカみたいって笑ってもくれない


平気で嘘つくあなたが作った世界で


わたし、ずっと生きてきた


間違いだらけ それでもいいとか


言えないよ


4. 泉明宏 (oicasë)


Akihiro Izumi oicasë is a singer, songwriter, composer and guitarist. To better illustrate his work, the following is one of his original songs.


oicasë - カルペディエム


嫌いなものひとつひとつ並べても 何も変わりゃしないこと


好きなこと ただひとつ 握りしめて離さなきゃいいだけ


僕らの青春の途中に咲く花よ 何度でも歌おう


今を信じ抜く誰でもない君の為に


愛の謳を歌えたら 僕達は強くなれたのかな


どうでもいい事ばかりだけれど


それでも悪くないよな


この先に何が待ってて何をして生き


どんな風に死ぬ? どうでもいいよな


一寸先に光信じて ただ進むだけだろう


気づかないフリ、馬鹿げた話


誰にも何も変えられないとか


怖気付いてさ、しっぽを巻いて


逃げ出すのは辞めにしたんだ


僕らの人生の限りある時間で


馬鹿げた夢を見よう


心が芽吹く、その一瞬を


見逃さぬように 離さないように


愛の謳を歌えたら 僕達は強くなれたのかな


どうでもいい事ばかりだけれど


それでも悪くないよな


この先に何が待ってて何をして生き


どんな風に死ぬ? どうでもいいよな


一寸先に光信じて ただ進むだけ


越えていこうぜ 果てなき夜を


I recommend a visit to his Youtube channel (@oicaseofficial8000), where we can check out the MVs for his original songs.


5. 2人aiwo


Aiwo is a four-piece rock band from Osaka, which was represented by two members during the Blow Over evening. To better illustrate their work, below is one of their original songs:


『 ショートヘアーの君に一瞬の煌めきを 』


作詞作曲  谷口イサム  編曲  サザランド・ケンゴ


秘密基地階段駆け登って


月面よりも速く日が落ちる


隕石が落ちる前に水鉄砲で遊んだり


誰も知らない世界で掻き鳴らす僕らの愛のメロディ


ミックスジュースを握りしめている


秘密基地階段よじ登って


月面の裏側に手を伸ばす


隕石が落ちてからいろんなものを失ったり


誰も知らない世界で線香の火花はキスしたんだ


ミックスジュースを握りしめている


授業中抜け出して屋上でBABY BABY (BABY BABY)


小さな指で掻き鳴らす純白のレスポール


何度も何回も繰り返して悲しみに明け暮れる3月


最高速度で走り去っていくんだ


ショートヘアーの君に一瞬の煌きを


あの子の声が聴こえなくて


星が巡る夜に見つけた流れ星は


ミサイルよりも速く過ぎ去っていく


ロックスターみたいに 君だけのヒーローになって


あの子を強く抱きしめて


星が巡る夜に輝くイルミネーション


ミックスジュースを握りしめている


授業中抜け出して屋上でBABY BABY (BABY BABY)


部室の片隅に捨てられてるRAT distortion


何度も何回も繰り返して悲しみに明け暮れる3月


最高速度で走り去っていくんだ


ショートヘアーの君に一瞬の煌きを


あの子の声が聴こえなくて


星が巡る夜に見つけたラブソングを


壊れるほどに愛してる


壊れるほどに愛してる


ロックスターになって 君だけのヒーローになって


あの子を強く抱きしめて


星が巡る夜に輝くイルミネーション


ミックスジュースを握りしめている


秘密基地靴底すり減らして


月面にはたどり着けなかった


隕石が落ちる事すら忘れてしまっていたし


誰も知らない世界で今君は何をしているのかな


ミックスジュースを握りしめている


It is worth visiting their Youtube channel ( @aiwoofficial8354), where you can see recordings of their live performances, MVs for their songs, previews of singles, etc.


It was an amazing evening and thank you so much for the opportunity to meet all the artists. I wish all five of them all the best.

投稿者

ஜ Shiori ஜ

2022/11/26 03:54

オーディエンス参加型イベントメディア


Mudiaの楽しみ方

オーディエンス参加型イベントメディア

JASRAC許諾
第9022815001Y45037号